最近通い始めた、交際倶楽部で仲良くなった愛人女性

ウォーターサーバー森 > 交際クラブ > 最近通い始めた、交際倶楽部で仲良くなった愛人女性

最近通い始めた、交際倶楽部で仲良くなった愛人女性

交際倶楽部で仲良くなった愛人女性

 

会社の若い女性社員らとランチに行く機会があったのだが、その時に言われたのが社長は理想が高いんですかダンディですねだったのです。このセリフ、つい最近他の女性からも聞かれたのだ。最近通い始めた、カルチャースクールで仲良くなった女性にも同じことを言われたのだ。どうやら私は、若い女性に、モテる男だと思われているらしい。しかし現実には全くといっていいくらいに持てたためしは無いのだ。お金も少しはあるのにまったくモテテいない。会社には気になる女性社員はぼちぼちいるのだが社内で女性を口説くのは他の社員の目もあるのでご法度でもある。どうしても綺麗な女性との交際をしてみたかったので会員制の交際倶楽部に登録に行ってみたのだ。初めての交際倶楽部は少し心配でもあったのだが以外やしっかりとしていて女性も綺麗な女性が大勢在籍をしていたのである。その中から特に綺麗なモデルの女性を指名をしてみた。そると思っていた女性よりも綺麗で話しもとても盛り上がったのだ。こんなに自然な形でデートが出来てしまうのはやはりお金の力なのであろうかと一人自問自答してしまうので会った。しかし明らかに交際倶楽部で出会う女性はうちの女性社員よりは性格が優しくスタイルもセクシーである。うちの社員にしてもいいくらだとも思ったのである。しかしそこは出会った場所が場所であるので控えようとも思う。交際倶楽部の女性は確かに普通のOLよりも優しくて何でもしてくれるのでいけない事ではあるのだが好きになってしまうのだ。年齢的にも若い女性に好きと言うと引かれてしまうのでそこは控えている。しかしこのような恋人感買うで付き合ってしまうとどうしてもハマってしまう所でもある。中年男性が交際倶楽部にはまっている理由が自分が利用してみて初めて分かった所である。正直に言うと年がいもなく少年の心が蘇ってくるところが素晴しいとも思えるのである。また交際倶楽部で出会った女性とは意気投合すると旅行やゴルフにも付き合ってくれる所がより楽しいところである。これがホステスであると時間的な制約と昼間と夜の仕事の時間が逆転しているのでなかなか早朝からのデートは出来ないものである。

 

以前に交際をしていた相手は確かに外見は、悪い方ではないと思っていたが、自分で思うよりも以外に女性の評判が良いようなのだ。前に付き合っていた彼女と別れてから、交際にはあまり乗り気ではなかったので、ここ数年めっきり恋愛から遠ざかっていた。けれど最近少し風向きが変わってきている。交際倶楽部に登録をしてからまた女性が好きになってしまったのである。何故かと言うと相性が合うと最後まで付き合ってくれるからである。毎回のデート代はかかるのだが女房を持つよりも安上がりではないかと思える今日このごるでもある。真剣に計算をしてみるとお金のかかり具合は交際倶楽部の女性の方が安く上がっていると思えるのである。毎回のデート代はかかるが真剣な交際の彼女や女房でも記念日にはプレゼントもするしその金額を考えると毎回のデート代で済むのだからどちらも最終的には金額は変わらないか交際倶楽部で知り合う女性の方が安く上がるのである。交際倶楽部で若い女性から褒められるのは、私としてもやはり嬉しいもので、オシャレも意識してしまう。年を取らない方法は交際倶楽部の女性にあった事に感謝をしているのだ。交際倶楽部で知り合った女性には、プライベートでは多分恋人がいるのだが、それでも心が躍ってしまうのが、オヤジ心ってやつだろう。とても単純なのかもしれないが、男は褒められるとすぐその気になる。我ながら単純だなと思いながも、今日は、珍しく一人で買い物に出てきてしまった。新しいスーツを新調しようと思ったのだ。今までは、ネット通販などで済ませてしまうことも多かった。それなりに忙しい身であるし、清潔感があればよいと思っていたからだ。けれど、最近はやたら、女性の目を意識してしまうのである。やっぱり褒められる機会が多いと、その気になってしまうわけだ。若い女性との交際も今後増えてくるので本物のダンディなオヤジを目指してみようじゃないか。クラシカルでベーシックな、気品漂うスーツがオヤジを引き立ててくれるらしい。最近買った、ファッション誌に書いてあったのだ。交際倶楽部で新しい理想の女性と知り合ってもう一花咲かせてやろうじゃないかと思いデパートに向かう足取りは、浮かれていたのだ。今は交際倶楽部で知り合った女性とデートをすると高校生くらいの感覚を取り戻してきているのである。これは凄い事で今まではそのようなことは一度もなかったのである。

 

さすがは交際倶楽部で恐れ入ったものでもある。驚いたのは自分の心の感覚でもあるのである。こんな気持ちになれたのは初めてで何事も経験が物を言うものだと思ったのである。今は自分への投資として小物のアイテムを取り揃えているところである。またデートの最後に渡す女性へのお礼も裸では失礼に当たるので手の込んだメッセージカードを添えて渡すようにしているのである。またお金もピン札の連番といった具合にこだわればこだわっただけ楽しいものであり自分の中での妄想もどんどん膨らんでいくものである。交際クラブでの出会いや交際はしばらくは止められないのである。