慢性前立腺炎は30代から40代男性に多い

ウォーターサーバー森 > サプリ > 慢性前立腺炎は30代から40代男性に多い

慢性前立腺炎は30代から40代男性に多い

慢性前立腺炎とは、健康であればバリバリと仕事に取り組める30代から40代の男性がかかり易い病気です。

 

症状が比較的に軽いことも多いため、発症している事を自分では気付かないこともあるようです。ですがそのままにしておくと幾度も再発する事もありますので、体調の変化に注意深く過ごして頂戴。ほとんどの男性は前立腺が、老化に伴い大聴くなる現象が認知されています。

 

 

種族や国に関係なく、50代くらいから加齢と供に増加する傾向が認知されています。

 

前立腺肥大は加齢による生理現象とされています。

前立腺が大聴くなるワケは日々研究されていますが主な原因として男性ホルモンに相関していることが判明しています。

 

前立腺肥大に良い作用があるサプリメントは、ノコギリヤシとペポカボチャ種子エキスが知られています。ノコギリヤシは前立腺肥大等の症状緩和効果があり、外国では医療用として使われているヤシ科のプラントです。ノコギリヤシのサプリの前立腺炎への効果

 

さらに、ペポカボチャの種は、ヨーロッパで従来から泌尿器系に効く薬草として服用されてきた植物です。

 

慢性前立腺炎には身体的なストレスだけではなくて、精神的ストレスも深く関連しています。痛覚や違和感が重くないと思い、泌尿器辺りの不快さを我慢してしまい、その調子の悪さでストレスになりなお一層病状が悪くなるという悪循環が生じ、泌尿器科ではなく心療内科や精神科へ  通院される人もいます。

 

前立腺炎の治療法についてはまだ特効薬はなくて、細菌を特定することが出来れば抗生物質などの処方がされます。排尿する時に痛みが出る場合には、その痛みを鎮静指せるために鎮痛剤や抗炎症薬などを用います。

 

 

再発を抑えるためにも根気強く薬を飲み続けることが必要です。

その症状によっては、漢方薬やセルニルトンなどを処方されます。医療機関で受ける検査は肛門より指を入れての直腸診や尿検査・血液検査などになります。細菌感染の有無を確認する事により、細菌性前立腺炎と非細菌性前立腺炎とに判断されます。

前者後者どちらのケースも頻尿に残尿感、排尿痛や勃起障害の症状が出る場合もあります。悪化を防ぐためにも具合の変化を感じたら早めに医療機関で診察を受けましょう。前立腺とは膀胱のほぼ真下にあり、前立腺に包まれるように尿道が通っています。

男性だけにある器官になります。前立腺からの分泌液は精液に含まれ、精子を作るために必要な栄養となっています。

 

 

若い時の前立腺はクルミのような大きさをしていますが、年齢に合わせて大聴くなります。前立腺に生じやすい疾病には、前立腺肥大症・前立腺炎・前立腺癌などがあります。慢性前立腺炎になる主な要因は、長い時間ずっと仕事や乗り物で同じ姿勢で座り続ける事や、飲酒や冷え、また疲労・ストレスなども関係します。単車や自転車に乗る事は、なるべく控えるのが無難と言えます。ちゃんと休憩を取って、ストレスを貯め込まないのが肝心です。また飲酒やタバコなど身体の抵抗力を低下指せるような習慣は見直しましょう。

 



関連記事

  1. 慢性前立腺炎は30代から40代男性に多い
  2. よくもこれで先進国と
  3. 生活習慣病というものは...。